誰でもなり得る症状|ボケ防止ができる時代

レシチンとポリフェノール

カップル

健康食品で認知症を予防

最近では、ボケ防止にも健康食品を利用することが当たり前のようになってきました。これから先、高齢者は増えていく一方です。当然、認知症患者も爆発的に増加するでしょう。ボケ防止の知識を得ておくことはとても大事なことです。ボケ防止サプリメントの雄と言われていたのが、DHAやEPAです。この成分には脳の老化を抑制する効果があります。しかし、現在ではレシチンの方がボケ防止効果が高いと言われるようになってきました。それにより、レシチンのサプリメントは昔とは比べものにならないほど増えています。最近では、よりボケ防止効果を高めた酵素分解低分子レシチンが配合されているサプリメントも登場しました。ちなみに、レシチンはダイエット効果や、シミなどの肌の老化を防ぐ作用も期待できます。美容に良い成分でもあるので、女性はレシチンのサプリメントを積極的に摂った方がいいでしょう。また、ポリフェノールにも注目が集まっています。赤ワインを1日2杯程度飲むと、認知症のリスクが80パーセントほど低下することが分かりました。これは、レスベラトロールと言うポリフェノールのおかげです。コーヒーのクロロゲン酸にも認知機能低下を阻止する作用があります。しかし、アルコールやコーヒーが苦手な人は多いです。レスベラトロールもクロロゲン酸もサプリメントとして販売されています。サプリメントならワインやコーヒーが飲めない人でも問題なく摂取できます。